虫眼鏡文字サイズ文字の大きさ「小」文字の大きさ「中」文字の大きさ「大」

 

外壁塗装のプロフェッショナルとして、数々のメディアで紹介されている原健也。
原氏の“外壁塗装Wのこだわりについてタレントさいねい籠二が、お話しを伺いました。

 

 

 

外壁塗装ってなぜ必要?

 

 

本日は、原社長に外壁塗装について、色々と教えて頂こうと思います。
原社長、よろしくお願いします。

 

 

 

さいねいさん、よろしくお願いします。

 

 

 

早速ですが社長、外壁塗装ってどうして行うんですか?
必ず必要なんでしょうか?

 

 

 

さいねいさん、いい質問ですね〜。
実は家というのは、毎日雨や紫外線が当たって、
日々少しづつ劣化をしているんです。
そのため、雨や日光の剌激から守ったり、

家を綺麗に保つためにも外壁塗装が必要なんです。
こちらの資料を見てみてください。

 

 

 

 

 

なるほど、車と同じように家もメンテナンスが必要なんですね!

 

 

 

そうですね、だいたい15年から20年の間で、
必ず1回メンテナンスをしてほしいですね。
しないと大変なことになります!

 

 

 

え?大変なことになっちゃうんですか?!

 

 

 

放っておくとメンテナンス費用がすこくかかることになるんですよ!
約1.5倍ぐらいですかね…

 

 

 

 

 

えっ?そんなに違うんですか?!

 

 

 

そうですね、
車は、定期的に洗車をしたりワックスをかけたりしますよね?

 

 

 

なるほど、そうなんですね〜。わかりやすい!
確かに!車は、マメに洗車したり手入れするから長持ちするんですね。

 

 

 

外壁塗装の費用ってどのくらい?

 

 

さいねいさん、塗装はどれくらいの費用でできると思いますか?

 

 

 

金額は家の大きさによるとは思うんですけれど・・・
80万円ぐらいですか?

 

 

 

正解!!一般的に使われているシリコン塗料は80万円くらいです。
合成アクリルやウレタンなど、もっと安い塗料もあるんですが、
長持ちしないので最近は使う方はいません。

 

 

 

その一般的に使われているシリコン塗料だと、何年持つんですか?

 

 

 

そうですね、家の立地環境にもよりますが、
だいたい7〜12年と言われています。
しかし、これ以上長持ちする場合もあります。

 

 

 

 

 

 

自宅に合った塗料の種類は?

 

 

塗料にも色々と種類があるんですよね?

 

 

 

 

そうですね、 お家の環壊や、 お客様の要望によって
提案する塗料が変わってくるんです。

 

 

 

長持ちする塗料はあるんですか?

 

 

 

値段は高いですが、 無機フッ素塗料というのは
17年〜24年以上くらいの耐久年数があります。

 

 

 

 

 

 

なるほど、 僕は、スニーカ ーが好きで防水スブレーをかけるんです。
靴の防水スプレーにもシリコン系か、フッ素系があるんですが、
フッ素系の方が比較的使いやすいから好きなんです。

 

 

 

フッ素は、良い分ちょっと高いですよね?

 

 

 

確かに、他のものと比べると少し高いですね。

 

 

 

当社が、主に扱っている塗料メーカーはアステックぺイントと言って、
元々はオーストラリアから出てきた商品なんですが、 日本に会社がで
きて、 今、 注目のピュアアクリルという樹脂を使った塗料なんです。
ピュアアクリルは15年以上の高い耐久性があり、さらに超防水性、

超伸縮性があるんですよ!

 

 

 

 

 

すごい。塗料にも色々と種類があるんですね―!

 

 

 

さいねいさん、ここを持ってゆっくり引つ張ってみてください!

 

 

 

 

 

わ―すごい!! すごく伸びますね!
こんなに引っ張って、ちぎれないんですか?

 

 

 

大丈夫です!
これは 600%の伸縮率があるんで、簡単にはちぎれません。

 

 

 

600%? 通常の6倍も伸びるってことですか?

 

 

 

はい、通常時の600%伸びたと言う、実験データがあるんですよ。

 

 

 

 

 

これは塗料というより、ゴムですね!

 

 

 

ゴムみたいでしょ?
はじめは、こんな塗料を見たことないから嘘だろうと思いましたよ。

 

 

 

これは、塗料のイメージが変わりますね!

 

 

 

 

 

では、ここで実験してみましょう!
一般的なシリコン塗料を曲げてみると、ほら、切れますよね?
これが当たり前なんです。

 

 

 

 

 

ところが、アステックペイントのピュアアクリル塗料を
同じように曲げてみます。
ほら!切れませんよね。
塗料が伸びるから、ひび割れに強いんです!

 

 

 

 

 

え一つ!?すごい!
ピュアアクリルは曲げてもひび1つ入ってないですね!

 

 

 

そう!これがおすすめする理由です!
実は、もう一つご紹介したいアステックペイントの
超低汚染リファイン(無機フッ素)という塗料があって、
今、日本(2017年6月時点)で1番汚れがつきにくく、

1番汚れを落としやすいと言われている塗料なんです。
こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

これも実際に実験したので、見てください。
こちらです!

 

 

 

 

 

一般的な低汚染塗料と超低汚染リファインを塗った台紙に、
カーポンブラックインクという、
排気ガスに含まれる汚れの主成分を垂らして、
雨を想定した濡れたティシュで拭くと・・・こちら!

一目で達いがわかりますよね?

 

 

 

 

 

これは、すごい!
一般的な塗料は、完全に汚れちゃってますね〜!

 

 

 

そうなんです!つまり、排気ガスの汚れが壁に着き、
雨が降ったら、一般的な塗料は汚れてしまうんです。
この違いは大きいですよね。
もう1ついい点として、超低汚染リファインは熱を反射する塗料なの

で、暑さ対策にもなるんです。

 

 

 

 

なるほど、熱を反射するということは、
熱が蓄積されないから熱くならないということですね。

 

 

 

その通り!
例えば、真夏に裸足で鉄板の上を歩いたら火傷しますよね?
しかし、この塗料を塗ることで、鉄板は熱くなりません。
温度としては表面温度15度前後くらい、

室内温度は3度から5度は変わってくるんですよ。

 

 

 

そんなに温度が違うんですか?
お客さんが、ひび割れに強い塗料がいいのか、
汚れにくく熱を反射する塗料がいいのかで
提案が達うということですよね?

 

 

 

そうなんです!
さすが、さいねいさん!

 

 

 

 

自宅に合った外壁塗装の色選びとは?

 

 

ところで、さいねいさん!
家を塗装する場合、どんな色に塗り替えをしたいですか?

 

 

 

僕は、チャコールグレーや黒みたいな感じの色がいいですね。
お城みたいな白い壁よりも、濃い色が好きなんです。

 

 

 

濃い色は、高級感がありますよね。

 

 

 

そうですよね、でも外壁の色選びって
迷いますよね?

 

 

 

もちろん!そこで当社が行うのはこれです!
まずはお客様と色について、本を使って一緒に勉強するんです。

 

 

 

 

 

え?一緒に勉強してくれるんですか?
それは婚しいですね。

 

 

 

色には、色んな意味があるんです、
赤はやる気と行動力とか、
オレンジは社交性とかですね。

 

 

 

 

 

これを見てください。
色に対することがわかった後で、
これを使ってカラーシュミレーションをするんです。

 

 

 

 

 

 

 

これは、わかりやすい!
色で家の印象って全然達いますね。
洋服を買う時の試着のような感覚で、イメージしやすいですね!

 

 

 

そうなんです!このカラーシュミレーションがお客さんに好評で、
「ここまでしてくれるんなら、お願いします」って言われるんですよ。

 

 

 

なるほど!
ちなみに、洋服の色にも流行りがあるように、
塗装にも流行りの色ってあるんですか?

 

 

 

もちろんあります。
今はオレンジ系や薄い茶色が人気ですよ。

 

 

 

へぇ〜!やつばり流行りに周期はあるんですか?

 

 

 

だいたい10年くらいで流行りは変わっていきます。
そのタイミングで外壁塗装をするとベストですね。

 

 

 

 

 

塗装に最適な時期ってあるの?

 

 

ところで、塗装に最適な時期ってあるんですか?

 

 

 

一般的には春や秋と言われていますが、
夏は塗料が乾きやすいのでおすすめです!
職人は熱いですが、お客様は関係ありませんからね!笑
夏の利点として、遮熱や断熱効果が最大限に感じられますからね。

 

 

 

梅雨の時期は、雨も多いので塗装ができなくて大変ですか?

 

 

 

そうですね。
でも最近は、梅雨でも雨は降らないですからね。

 

 

 

確かに!
それでは、冬はどうなんですか?

 

 

 

冬が一番問題なんです。
5度以下になると塗料が乾かなくなるので、
最高気温が5度以下の時は、塗装ができないんです。

 

 

 

広島県の北部は、冬はすごく寒いですよね。
塗装はできるんですか?

 

 

 

そういった場合は、
春や秋をおすすめしています。

 

 

 

塗装業者の選び方とは?

 

 

最後に、外壁塗装をする際の
業者選びのポイントってありますか?

 

 

 

はい、2つあります。
まず1つは、自社で塗装をする専門業者に頼むことです。
例えば、リフォーム会社にやってもらう方法もありますが、
実は塗装は下請け会社に依頼している事が多いんですよ。

 

 

 

下請け会社が存在するんですね。

 

 

 

そうなんです。
下請け会社が工事をする場合は、例えばお客様から100万円で依頼
を受け、50万円で下請け会社に依頼するとしたら、その分、利益が
少なくなるため、塗装回数を減らしたり、雑な工事をすることになり

かねないんです。

 

 

 

え〜!そうなんですか!
怖いですね。

 

 

 

自社で工事する場合は、100%の費用を材料費や職人の人件費に
使えるので、同じ金額でも質の菰い工事ができますよね?
もし、さいねいさんが塗装をする時は、
自社で塗装工事をする専門店に依頼をするのが一番です!

 

 

 

そうなんですね!
自社で職人さんを抱える専門業者がいいんですね。
勉強になりました!

 

 

 

 

 

2つ目は、訪問販売の塗装会社には注意してください。
国民生活センターのデーターによれば、
1日15件以上のリフォームのトラブルが起きています。
そのほとんどが、訪問販売業者によるものです。

 

 

 

1年365日で、1日15件以上はすごい数字ですね。

 

 

 

訪問販売の会社は、工事金額が非常に高く、
手抜きが多い可能性が高いんです。
ポイントは訪問販売が来ても、すぐに契約しないこと。
最低でも3社からは、見積もりを取ってほしいです。

 

 

 

なるほど。
3社から見積もりを取るのは、良いアイデアですね。
見積もり金額を見比ぺると、だいたいの金額はわかりますね。

 

 

 

そうなんです。
高い買い物なので、急いで契約はしないでください。

 

 

 

何でも急いで買い物をすると、後で後悔することが多いですよね。
僕がリフォームをする時は、最低3社からは
見積もりを取るようにしたいですね。

 

 

 

ぜひ、そうしてください!

 

 

 

最後に

 

 

原社長、本日は外壁塗装について色々と教えて頂き、
ありがとうございました。
とても勉強になりました。

 

 

 

さいねいさん、こちらこそありがとうございました。
リフォームする際は、気軽に相談してくださいね。

 

 

 

ありがとうございます。
ぜひ、ご相談させてください!

 

 

 

ありがとうござました!!

 

 

pagetop ボタン